避妊・去勢手術

避妊・去勢手術について

避妊・去勢手術には「望まない繁殖を防ぐことができる」というメリット以外にも、雄の「マウンティング行動」や雌の「スプレー行動」などの、発情期に発生する問題行動を防止や、また生殖器疾患の発生リスクを抑えることができるなどのメリットがあります。

では反対にデメリットはと言うと、「太りやすくなる」ことや「手術を受けなければいけない」ということ以外に、これといったデメリットはありません。
また「太りやすくなる」といっても、手術を受けた動物がすべてそうとは限りませんし、また手術につきましても安全には十分配慮しておりますので、過度にご心配頂くことはありません。

ですので、大切な動物を病気から守るためにも、また飼い主様と動物が快適かつ幸せに暮らし続けるためにも、避妊・去勢手術を受けさせてあげることをお勧めします。

避妊・去勢手術のメリット

避妊手術のメリット

  • 望まない繁殖を防ぐことができる
  • 「スプレー行動」などの、発情期に発生する問題行動を防止することができる
  • 生殖器疾患の発生リスクを抑えることができる
  • 乳腺腫瘍の発生リスクを抑えることができる

去勢手術のメリット

  • 攻撃性が緩和され、性格が穏やかになり「しつけ」がしやすくなる
  • 生殖器疾患の発生リスクを抑えることができる
  • 肛門周囲腺腫の発生リスクを抑えることができる
  • 会陰ヘルニアの発生リスクを抑えることができる

乳腺腫瘍について

避妊手術を受けるメリットの1つに、「乳腺腫瘍の発生リスクを抑えることができる」というものがあります。特に雌犬の場合、この「乳腺腫瘍」の発生リスクが非常に高いのですが、しかし初めての生理が来る前に避妊手術を受けると、「乳腺腫瘍」の発生リスクを著しく低下させることができます。