犬の病気

犬のよくある病気

悪性腫瘍(癌)

犬の病気のうち、最も死亡原因となることが多いのが「悪性腫瘍(癌)」です。
犬の癌が増加した主な要因は環境変化により寿命が延びたためで、化学物質やホルモン、また遺伝やウイルスなど様々なことが原因となって発病します。

この癌から犬を守るためには、早期発見・早期治療が大切です。癌になると初期症状として皮膚に出来物ができることがありますので、そうした出来物を発見した時には癌の可能性を疑う必要があります。またその出来物が大きくなったり、形が変化したりしている場合には速やかに当院にお越し頂き、治療を受けられるようにしてください。

出来物のように体の外側に表れる変化の場合には、飼い主様もすぐに気づくことができるかと思いますが、体の中の癌は目で見ることができませんので、普段から飼い主様が目と手を使って異常の有無を確認することが重要となります。
「以前より痩せた」「発熱がある」「貧血」「リンパ節が腫れている」などの症状がないか、常日頃からよく確認するようにしてあげてください。

犬が体外、体内から発するこうしたサインを見逃さずに、早期に当院にお越し頂き治療を受けて頂ければ、癌を治すことのできる可能性は高まります。ですので、少しでも様子がおかしい時にはすぐに当院までご連絡ください。

皮膚の病気

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、アトピー素因を持つ犬に見られるアレルギー性の皮膚炎のことを指します。アトピー素因とは、周囲環境中の アレルゲンや食物アレルゲンに対して、遺伝的にアレルギー反応が現れやすい傾向を持つことをいいます。こうした傾向を持つ犬が、 アレルゲンを吸入または経皮、経口的に摂取することによってアレルギー性皮膚炎は、発症します。

食事アレルギー性皮膚炎

食べ物の中のタンパク質に対し、体が異常な免疫反応を起こし、皮膚の痒みとなります。
比較的若い犬で見られ、強い痒みがあります。顔面や腹部が好発部位とされていますが、一般的に症状だけではアトピー性皮膚炎と見分けがつきません。
原因となるたんぱく質が含まれていない食べ物だけを1~2ヶ月与え、痒みが起こるかどうかで診断、治療を行います。

脱毛症

犬の脱毛は季節に変わり目におこる自然的な脱毛と、病気によって脱毛するものがあります。
病的なものとしては部分的に脱毛してしまう症状と、体全体から脱毛し薄くなるものがあります。
又、皮膚の色が赤や黒に変色を伴う事があります。それと同時に悪臭やかゆみもおこります。
寄生虫の感染によるものや内分泌疾患など様々な原因が考えられます。

皮膚腫瘍

皮膚には多種多様な腫瘍ができますが、犬の腫瘍のなかでもっとも多くみられるのは、乳腺腫瘍と皮膚腫瘍です。しこりができたからといって、必ずしも腫瘍とは言えませんが、発見した場合は、様子を見るべきか、早めに切除すべきものなかを、確認するために診療してもらうことをお勧めします。

ノミアレルギー性皮膚炎

ノミアレルギー性皮膚炎は、ノミからくるアレルギーが原因で皮膚の炎症や、かゆみなどの症状が現れる病気です。最近では、暖房器具の普及が一般的に普及された事により、春や秋だけではなく、冬にもノミの発生するため、季節に関係なく注意する事が必要です。

耳の病気

外耳炎

耳の大きい犬、また耳が垂れている犬がなりやすいと言われている病気で、「寄生虫」「アレルギー」「環境」「細菌」など様々な原因により発病します。
外耳炎になると犬は激しい痒みから、頭を左右に振ったり、耳を角にこすり付けたり、耳の後ろをひっかいたりするようになります。ですので、犬のこうした行動に気づいた時には、すぐに当院で診療を受けられるようにしてください。

中耳炎・内耳炎

外耳炎が進行すると中耳炎に、そしてさらに進行すると内耳炎になることがあります。これら中耳炎・内耳炎は顔面神経麻痺や斜頸になる可能性があると言われており、発病すると患側に頭を傾け、円を描くように歩いたり、眼球が揺れたりすることもあります。
ですので、こうした変化に気づいた時には内耳炎・外耳炎の可能性を疑い、当院にて治療を受けられるようにしてください。

耳血腫

大型犬がなりやすい病気で、耳たぶが何らかの原因で内出血を起こし、内部に血が溜まることで腫れを引き起こします。
この耳血腫の治療方法としましては、内科治療により腫れが引くまで待つという方法のほかに、外科治療により改善・回復させ、さらに耳の形もきれいに治すという方法があります。

消化器系の病気

胃潰瘍

胃潰瘍になると嘔吐を繰り返すようになります。また嘔吐物に混じって出る血は変色しているため、赤というよりも茶褐色に近い色をしています。
そのほか、変色した血が混じりタールのようになった黒い便が出たり、発熱したりなどにより元気がなくなるという症状が表れる場合もあります。

急性胃炎

激痛により腹部が緊張し、激しい吐き気を引き起こします。血液、粘液、胃液、食べ物などを吐き出し、吐くものがなくなってもそのまま吐く動作を繰り返します。

巨大食道症

巨大食道症とは、食道が何らかの原因により弛緩してしまい、食べたものを正常に胃に運ぶことができなくなる病気です。また巨大食道症には先天性のものと後天性のものがあり、後天性のものは「ホルモンの異変」「食道炎」「右大動脈弓遺残症」などが原因となって発病するケースと、原因不明のケースがあります。
水や食事をあげてもすぐに吐いてしまうため、十分な食事がとれず痩せていきます。

腸閉塞

腸閉塞とは、飲み込んだ異物や腫瘍などにより腸が詰まることで、腸の機能が低下してしまう病気です。症状としましては、「腹痛」「嘔吐」「便秘」などがあります。
便が出なくなるので胃や腸の中でガスが発生し、腹部が膨張します。また腸の閉塞部分が充血したり、穴が開いたりすると激しい腹痛を引き起こします。