2012.11.11更新

2010年の東兵庫臨床研究会で合田先生が発表しました。
ワンちゃんが痒みを訴えて来院なさった場合は、高率に細菌感染を起こしています。抗生物質の飲み薬で治療するのですが、近頃は薬の効きにくい強い菌が出現してきています。
そのような場合は、皮膚の菌を育てて、有効な抗生物質を突き止める検査、いわゆる感受性試験を実施します。やみくもに抗生物質の変更を行うより、早く確実に治療することが可能です。
一旦、有効な薬を突き止めたら、数週間から数か月飲み続けます。かなり根気よく飲まないと治りませんので注意が必要です。
なかなか治らない皮膚病でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

投稿者: みや動物病院

2012.11.03更新

心臓の周囲には心膜と呼ばれる袋があり、心膜水という少量の水で満たされています。ここに大量のお水が貯まると、心臓が圧迫されてうまく動けません。放っておくと死んでしまう危険な状態です。このことを心タンポナーデといいます。
犬では80%が血管肉腫という心臓の腫瘍からの出血といわれています。
発見したら、すぐに液体を抜かないと死んでしまいます。心臓のそばまで針を刺すのは怖いのですが、痛くないように局所麻酔をしてから超音波で心臓を見ながら実施します。先日、同じ病気のワンちゃんを拝見する機会がありましたが、心膜水を抜いて、現在は何とか小康状態です。
急にワンちゃんが動けなくなったり、息が荒くなったりしたらすぐに病院に行きましょう。
余談ですが、6歳や7歳以上になったら、お腹と心臓の超音波検査と胸のレントゲン検査を行うと、悪さをする前の腫瘍が見つかるかもしれませんので、定期的な検査をお勧めします。ご不安な方はご相談ください。

投稿者: みや動物病院