2013.11.29更新

癌の新しい治療法である温熱療法に、従来の方法の改良型が出ました。
従来の方法は、腫瘍組織全体にレーザーに反応する色素を分布させることが困難でした。また、組織に注射して色素を投与していたので、痛みを伴うことが問題でした。鼻腔内や腹腔内には投与することができませんでした。
これらの欠点を克服したのが、インドシアニングリーン修飾リポソーム薬剤です。
詳しい治療方法はお尋ねくださいませ。
効果が期待できる腫瘍は、血管肉腫、鼻腔内腫瘍や肺転移症例、炎症の強い腫瘍(肥満細胞腫や炎症性乳癌など)です。
既存に治療で効果がなく、お困りの方はご相談ください。

投稿者: みや動物病院