2013.03.18更新

猫さんの風邪は猫ヘルペスウイルス1型が原因になることが多く、時に重症化します。
症状は鼻汁・くしゃみですが、重症化すると肺炎を起こしたりします。眼の症状がひどくなると結膜が癒着したりします。そんな時に抗ウィルス薬の点眼がよく効きます。今までのお薬よりも即効性がありますので、重症の猫風邪でお困りの方は是非ご相談ください。

投稿者: みや動物病院

2013.03.15更新

ワンちゃんは胃癌が少ないと言われています。全腫瘍の1%未満なのでめったにお目にかかりません。しかし、発見することが困難な腫瘍で、見つけた時は進行していることが多く、治療が難しいのが特徴です。
胃癌の主な症状は嘔吐なので、慢性的に吐いてご不安な方は一度ご相談ください。

投稿者: みや動物病院

2013.03.15更新

人のお医者様は急性胆嚢炎の患者さんに胆嚢摘出を推奨していますが、何かしらの理由で手術が行えない場合はお腹の皮膚越しに胆嚢にチューブを入れてドレナージ(PTGBD)を設置するようです。獣医療では胆嚢炎に対するガイドラインは無く、PTGBDは一般的に行われていませんでした。閉塞性黄疸と胆嚢炎を合併したワンちゃんに、PTGBDを実施したところ順調に治ったので発表しました。
手術に耐えれないような状態でも全身麻酔をせずに行えるので、良い方法と思います。その後も、黄疸のワンちゃんに行いましたが、1回だけ胆嚢を洗浄しただけで治った子もいます。
ワンちゃんの体調が悪く、手術ができない状態だったり、手術はしたくないけど黄疸で困っているときは是非ご相談ください。

投稿者: みや動物病院

2013.03.15更新

合田先生がクッシング症候群の治療中に腎膿瘍を発症したイヌの1例について、兵庫県開業獣医師会臨床研究会で発表しました。
腎膿瘍は極めて珍しい病気です。過去に数えるくらいしか報告がありません。このような病気になる背景には、糖尿や副腎皮質機能亢進症などの基礎疾患が関係しています。過去に報告されているワンちゃんたちは腎摘出で治療されています。当院では超音波の機械で腎臓を見ながら針を刺して排膿し、ばい菌をやっつける薬を飲んでいただいたところ幸いにも治りました。腎臓を取らずに済みましたが、基礎疾患が残っていますので、そちらの管理をきちんとしないといけません。
糖尿病や副腎皮質機能亢進症などの、免疫力の低下する疾患を持つワンちゃんは気を付けてあげてください。

投稿者: みや動物病院